完全予約制 8:30〜20:00
完全予約制 8:30〜20:00
避妊(ピル・リングなど)

アフターピルについて

アフターピルは万一、避妊を失敗した時の為の緊急用ピルです。女性が"やむを得ず"避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避する 事が出来る方法です。1998年9月に「緊急避妊薬」(ECピル)として、米国食品医薬品局が安全かつ効果的として、使用を承認しました。

アフターピルは性行為(SEX)後72時間以内に服用し、その12時間後に2回目の服用をします。アフターピルは医師による処方が必要となる為、まずは当院へお問い合わせください。

アフターピルの適応

避妊に失敗した場合

アフターピルの適応

アフターピルは性行為後、72時間以内にできるだけ速やかに2錠服用し、その12時間後に更に2錠服用します。 2錠服用 → 12時間後 → 2錠服用

  • 服用時間の誤差は前後1時間以内にしてください。
  • その他の薬を一緒に服用しても差し支えありません。
  • 必ずしも食事後に服用する必要はありません。
  • 後遺症が生じたり、将来、体や妊娠などに影響することはありません。

アフターピル作用のしくみ

受精卵の子宮内膜への着床防止や排卵遅延などを起こすことによって、妊娠を回避すると考えられています。

アフターピルの避妊効果

80%前後。ECピルを服用しても妊娠を回避できないケースがあります。

アフターピルの副作用

気分不快 多少、吐き気が出現する可能性があります。吐き気防止薬として、プリンぺランという薬を2錠処方しますが、完全には防止できないことがあります。
おう吐 ピル服用後2時間以内におう吐した場合は、同量のピルを再度服用することが必要となりますが、再度服用しても再び吐くことが予想されますので、服用後2時間以内は安易に吐かないよう意識してください。(服用後2時間以降のおう吐は問題ないと言われています。)(再服用のピルは2錠:8,640円で処方は可能です。)
不正性器
出血
ピル内服後、少量の性器出血が認められる事があります。
その他 乳房緊満・頭痛・めまい・疲労感などを感じる事がありますが、いずれも重篤な副作用はありません。
奇形性 もしも仮に妊娠早期に、このECピルが服用されても、胎児の奇形性に影響は与えないと考えられています。

アフターピルご利用の注意

  • 心配だからということで、更にピルを増量したり、他の薬剤を自らの判断で使用しないでください。
  • 初のECピル服用時間が、性行為後72時間を超えないよう注意してください。
  • Cピル服用により、「ECピルを服用したから、その後の妊娠の心配はないだろう。」という考えは誤りです。次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊することが必要です。
  • ECピル服用により 生理がすぐに始まる訳ではありません。
  • 予定された生理よりも出血が1週間以上遅れるようでしたら、産婦人科を受診されてください。

生理用ピルの役割

生理を早める

●例えば:オーソMを使用の場合
生理を早めたい日数分だけ、服用する錠数を減らします。ただし、服用した数