東京の婦人科・産婦人科は新宿レディースクリニック

中絶手術・アフターピルのご相談は産婦人科・婦人科専門、東京の新宿レディースクリニックへ

東京の産婦人科(婦人科)・レディースクリニック TOP > 婦人科の診察内容 > アフターピル

 

アフターピル

アフターピル(モーニングピル;緊急避妊薬)は、避妊に失敗した場合にホルモン避妊薬を服用することで、その後の妊娠を防ぐ薬です。

適応

避妊に失敗したと思われる、もしくは不安な場合。

服用方法

性交後72時間以内に、2錠を1度に服用してください。
ノルレボ錠は白色の錠剤で、1シートに2錠
(1回分)が収められています。

  • 必ずしも食事後に服用する必要はありませんが、なるべく早く服用してください。
  • その他の薬(風邪薬・鎮痛剤・抗生剤・抗アレルギー剤など)を一緒に服用しても差し支えありません。
  • 後遺症や、将来の妊娠などに影響することはありません。

作用のしくみ

受精卵の子宮内膜への着床防止や排卵遅延などを起こすことによって、妊娠を回避すると考えられています。

避妊効果

85%前後。(ECピルを服用しても妊娠を回避できないケースがあります。)

効果判定

次の予定されている生理が通常の出血量であったら妊娠の可能性は少ないですが、不正子宮出血や妊娠初期の出血は、通常の月経と区別がつかないこともあります。
本日より3週間後に妊娠反応検査をすすめています。検査薬陽性の場合は産婦人科を受診されて下さい。

副作用

おう吐ピル服用後2時間以内におう吐した場合は、薬の効果がありません。服用後2時間以内は安易に吐かないよう意識して下さい。(服用後2時間以降のおう吐は問題ないと言われています。)(再服用のピルは2錠:17,280円でお薬のみ、お渡し可能です。)
下痢 服用後に下痢を起こしても、効果に影響はございません。
不正性器出血ピル内服後、少量の性器出血が予定生理開始日より早期に認められる事があります。
奇形性もしも仮に妊娠早期に、このECピルを服用されても、胎児の奇形性に影響は与えないと考えられています。
その他乳房緊満・頭痛・めまい・疲労感などを感じる事がありますが、いずれも重篤な副作用はありません。

    費用

  • この薬を内服することで、完全に妊娠が回避できるものではありません。
  • この薬を服用した後に、月経のような出血が現れることがあります。また、不正出血や頭痛、吐気、倦怠感、 眠くなるなど月経時にみられる症状が現れることがあります。
  • 心配だから ということで、更にピルを増量したり、他の避妊薬を自らの判断で使用しないで下さい。
  • ECピル服用により、「ECピルを服用したから、その後の妊娠の心配はないだろう。」という考えは誤りです。次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊をすることが必要です。
  • ECピル服用により 生理がすぐに始まる訳ではありません。

費用

保険がききませんので、【自費】\21,600-(ピル料金+説明料金)
説明のみでピルを購入希望されない場合は \4,320-(説明料金)となります。

まずはお電話にてご予約ください 予約番号:03-3340-1971